ケンのリタイア生活@地方

年金月10万の地方住みシニアがリタイア生活を工夫で楽しく暮らします。

いくら仲が良くても、夫婦には適当な距離も必要?

こんにちは、ケンです。

 

f:id:tingisuhan:20181019152837p:plain

奥さんが、介護の交代をして20日ぶりに帰ってきました。

 

今日は夫婦の距離について考えてみます。

 

夫が退職すると、家にずっといて奥さんがストレスがたまるとはよく言われます。

 

「ウチは仲がいいからそんなことはないだろう」

 

とみんなが思います。

 

しかし、残念ながらそれは誰にもあると感じます。

 

エッ、うちですか?

 

やはりありますね。

 

仕事しているときは、どうしても一緒にいない時間というのが一日のうちで半分以上あります。

 

一気に一緒にいる時間が増える。

それが、仕事をしなくなって、一気にほとんどを家で過ごすようになると、その変化はとても大きいです。

 

今までの、共通の時間が一気に何倍にもなります。

 

4、5時間だったのが、倍以上に増えるわけですよね。

 

夫さんの方は、仕事していた時間、通勤時間、帰りに一杯やっていた時間・・・がすっかり空くわけです。

 

すると、家庭では、「暇を持て余す」ことになります。

 

一方、奥さんの方は、今までそれなりに自分の仕事とか、家事とか、付き合いとかがあって、やっと夫さんとの時間をつくっていた感じですよね。多分。

 

見たい韓国ドラマや、定期的にあっている友達もいるでしょう。

 

だから、夫さんが退職しても、時間が空くわけではありません。

 

むしろ夫さんの世話が増えて忙しくなります。

 

奥さんのストレスは増える。

 

今までの生活のリズムが壊れてしまいます。

 

時間が足りなくなってしまいます。

 

「夫さん」に時間をとられてしまうからです。

 

人間で一番貴重なものは「時間です」

 

だから、それが少なくなればストレスがたまるのは当然でしょう。

 

今までと変えない方がいい。

 

退職して当面は、一緒にいる時間が極端に増えない方がいいのでは?

 

と思ってます。

 

変化が少ない方がうまくいきやすいです。


私もなるべく家にはいないようにしてます。

 

今、奥さんは「一人でいたい」と言います。

 

十分理解できます。ずっとしゃべる母親の面倒をみていたので。

 

幸い私は世話を焼かれるのが好きではないので、ほっとかれても大丈夫です。

 

またお互いに自分たち以外の世界も持った方が会話の種も増えます。

 

適度な距離というのは、リタイアシニアには特に大事だな、と感じている今日この頃です。

 

オマケ

この前田舎に帰った時に「道の駅」で買ってきた「里芋」の煮つけを作りました。

 

なんとかうまくできました。

 

f:id:tingisuhan:20181019155601j:plain

それではみなさんのよい一日を!

 

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。

よろしくお願いします。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村