ケンのリタイア生活@地方

年金月10万の地方住みシニアがリタイア生活を工夫で楽しく暮らします。

わざわざ移民問題を抱え込むこともない。外国人労働者問題。

こんにちはケンです。実は先日高校の旧友と昼食を一緒にしました。

かれは今一部上場企業の顧問の立場で会社寄り。経団連寄り、政権寄りの立場です。自分は一介の年金生活者でブロガーです。

自分は安倍応援団でもなければアンチでもありません。中立です。

年を取ったら「週に2回は肉を食べなきゃあ」というので、近くの「いきなりステーキ」へ。私は300g、かれは450g。がつがつ食べまして近所のコーヒー店へ。

そこで「外国人受け入れ」問題が話題にのぼりました。政策の詳細は省略です。

ボク「あれ問題多すぎるよね」

友人「だけど仕方ないよね、ここまで労働力が足りないと。外からでも入れないと回っていかない」

かれの会社は比較的単純労働力を必要としています。くわしい内容はごめんなさいです。

友人「早く通してもらわんと現場が持たない」との意見。

ボク「経団連は安い労働力ばかりに目がくらんでいるけど、その後はどうなのよ」「問題山積でしょう?」「とにかく文化が違いすぎるよ」「日本の文化を理解して同化していくとは思えない」「多民族には慣れているはずのヨーロッパや米国であれだけの問題になっているのに、単民族の日本が対処できるとはとても思えない」「必ず軋轢がおきるよ」

友人「お前の言うことはよくわかる。しかし、何ともならんのよ。AIとかロボットは間に合わんし。このままじゃあ立ち行かん会社がたくさん出る」とのことでした。

スポンサーリンク

 

安倍政権がどこまで将来の問題を考えているかは知る由もありませんが、私はこれは転機だと思うのです。それは

せっかく日本だけが移民問題なしでうまくいっていたのにわざわざ抱え込むこともないと思うからです。

1 日本文化は世界の中でも独自性が強い。

だからクールジャパンといわれ多くの観光客が来ます。これがプラスの面。一方ガラパゴス化している、グローバル化が遅れているという指摘もあります。

2 外国人が日本の文化に同化することはできないと思う。

食べ物や風土が近い韓国の人との間でもこれだけの溝があります。まして風土、宗教、習慣が大きく違う外国人が日本の文化を理解して同化することはないと思いますね。

3 これから問題が多いのに新たな問題を抱え込むことはないと思う。

これから日本は少子高齢化、地方の衰退、産業の転換・・・と山積みです。さらに外国人問題が加われば大変です。

4 強烈な民族主義の台頭が起こるだろう。

現在でも「反韓・反中」の動きはあります。しかし、反面そのような行き過ぎた行動を苦々しく思う人たちも多いです。しかし、欧州を見ればわかるように、あるいはトランプを、民族運動の渦が起これば一色に染まります。日本人は特にその傾向が強いと言われていますし。自民党は自分たちより右はないと思っているのでしょうが、甘いと思いますね。

ということで「外国人」の受け入れには反対です。ここは安易な「移民」に頼らず智慧を出し合い、工夫しあって解決するのが日本の国益だと思うのですが。

今回は政治的な話題でした。

ご意見もお待ちしております。

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

いつ死んでもいいと考えて毎日を生きる。

こんにちはケンです。2018年11月22日(木)記

f:id:tingisuhan:20181122122555p:plain

週刊誌を読んでいたら「終活」の記事がありました。

墓はどうする?葬式はどうする?遺産はどうする?終末医療はどうする?・・・

わたしで言えばこれらは解決済みです。遺言書に記載して金庫に保管。役場には届けてないけど。墓はなしです。子供もいないので。葬式はなし。遺体は大学病院で部品を取って遺骨は知り合いの寺に納骨。終末医療はなし・・・です。

今日の記事は「遺品の整理」でした。

女の人へのラブレターやら、PCに残されたエッチな画像の削除やら、携帯電話のやばい連絡先や写真の削除もありましたね。

読んで驚きましたね。「へーみんな結構やってるじゃあない。活躍してるんだ」との思い。恥ずかしながら当方、もてるには程遠く、やばい異性の連絡先や写真はないですね。これは「立派」というべきか「情けない」と嘆くべきかはむつかしい。

何が残ろうが、何が出てこようが関係ないんじゃない?

借金とかは別ですよ。これはまずいですね。しかし本人のプライバシーについては、本人が恥をかくだけだし、その本人はいないのだから問題なし。

奥さんがいやな思いをするんじゃあ?

これはありますね。だからなるべく処分していた方がいいのかも。だけど

もともと人間は恥多き存在ですからね!特に私は。

家名に傷つくわけではないし、返上すべき勲章や賞をもらってもいないので「風来坊」に近いかもですね。だから気にしてないですね。

気になるなら「ストレス」になるので「早目の処分」が正解。

しかし、お子さんなどに自分のマイナスの面を見せたくないなら、イメージを保ちたいなら、早目の処分が正解と思います。

死ぬまでにはまだだいぶあるから、と思っていますが、「何があるかわからないのが人間」です。その時タイトルの

「いつ死んでもいいと考えて毎日を生きる」はストレスをなくします。知り合いの禅僧から教えてもらいました。

「その日を生き切る」とも言い換えられますね。

 

それではみなさんの充実の一日を!

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

バンコクのカラオケ店で年金の種類を聞かれたこと。

こんにちはケンです。

リーマンショックのあとですからもう10年近く前のことです。タイに旅行に行って日本人の方にカラオケ店(キャバクラのようなもの)に連れて行ってもらったときの話です。

かなり大きな店でタイ人のホステスさんが30人ほどもいたでしょうか。日本人は「金持ち」というくくりに入っていてモテると聞いてました。さらに向こうでは、シニアでもモテるというんですね。

席につくと30くらい?のおねーさんがついてくれました。(美人かどうかは判別がむずかしいですね、いろんなタイプがあるみたいだから)。

いろいろ話をしているうちに、プライベートの質問が増えてきて、「ネンキン?」と聞かれました。「えっ、なんのことだろう?」と不思議に思っていると。

スポンサーリンク

 

「アナタ、ネンキン、ナニ?」と再び。わけもわからず「はい」とか答えていると、「チガウ」「キョウサイネンキン?」との質問。「ははーん、年金の種類を聞いていたのか。と納得。だまっていると次に「チガウ?、じゃあ、コウセイ?」と質問。首をふると、がっかりした表情で「まさか、コクミン?」と聞かれました。首をたてにふると、「オーノー、コクミン、ダメネ」とのお声。しばらくしてどこかへ行ってしまいました。見限られたようです。

あとで居酒屋で飲みました。5人ほどでそのうち3人が同郷の人。だから言葉がちょっとなまってますが。中の2人はタイ人の奥さんです。カラオケ店での出来事を話しました。そうするとタイ人の奥さん持ちが

「あー、やつらねろーとるからな。日本人はみんな金持っとるおもーとる」「ケンさんもきーつけや」とのお言葉。

「いや、自分奥さんいますし」というと

「独身やと思われたんやろ」「こっちでは、独身やと、年寄でももてるんや」「何しろ年金持っとるからな」それで「ネンキンを聞かれたんよ」との話。

「でも年金ぐらいで、若いおねーさんが狙うほどの価値ありますかね?」と私。

「そりゃあ、例えば30万とかだとこっちじゃあ大金持ちだよ」「20万でもまあまあかな」「ところでケンさん、年金あるんじゃろ?」

「ぼく、少ないですよ、月に10万」

スポンサーリンク

 

「それじゃあ狙わんやろね」「まあ、とにかく初めに確かめるわけよ」「どうせなら金持ちの方がええからな」

「でも、年寄とか相手にするんですね?若い女性なのに」とボク。

「人によるけど気にせんのも多いよ。金目的とも限らんけど、こっちの男は働かずにたかるのも多いから、どうせなら金持っとる日本人の方がいいということかな」

何となく納得。さらに、夫さんがなくなると奥さんは半分年金もらえて、タイの物価ではそれで充分とのこと。(筆者注:現在では物価も上がっているのでわからない)

「そういう意味じゃあうんと年寄の方が都合がええともいえるわな」「ウチのやつもはよういってくれ思うとるやろな」「全部自分のもんになってええことづくめや」と向こうにいる奥さんをちらっと見ながら言ってました。まあ冗談でしょうけど。

日本の年金格差は大きいですがバンコクの飲み屋でもその違いはちゃんと知られているようです。年金についてはまた書きます。それではみなさんの充実の一日を!

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

どんな所にもきっと素晴らしい場所はある。

こんにちはケンです。この前の日曜にまた近くの山に行ってきたんですよ。

f:id:tingisuhan:20181116220929j:plain

道後山1260mくらい。車で片道2時間半ほど。遠いと言えば遠い距離。2時間半ほどの歩き。コースは写真のように歩きやすい道です。

f:id:tingisuhan:20181116221537j:plain

頂上からみた猫山。正面の山です。下から見ると確かに猫の頭に見えるのですがね。

途中には大きなブナの木も。

f:id:tingisuhan:20181116221757j:plain

葉は落ちて紅葉は終わっていますね。

スポンサーリンク

 

高い山のない中国地方でも、四季折々にとてもきれいです。日本アルプス程じゃあないけど。日曜日ということで、駐車場には20台ほどの車が。さらに頂上でも10人ほどの人が食事中。おりたところにある温泉でリラックス。600円。名物の「とち餅」540円を買いました。昔は縁起がいい名前だったんでしょうね。今でもだけど。ただし都会では。

若いときには「上には上がある」みたいな感じで、よりレベルのものを求めますよね。でもシニアになると、身近なもので素晴らしいものに気づくようになると感じています。だから、とりあえず近場の山からまわっています。

人でも、近しい人の新しい魅力に気づくようになった。

不思議ですね。リタイアして時間に余裕ができたからかも知れませんね。

ということで、とりあえず近いところの魅力を徹底的に「味わい尽くそう!」と決心しています。それではみなさんの充実の毎日を!

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

年に一度の紅葉狩りに母親と行ってきました。

こんにちは、ケンです。

f:id:tingisuhan:20181115151943j:plain

86歳になる母親が紅葉を見に行きたいというので、車で1時間ほどのところにある「仏通寺」に行きました。見ごろで人が多かったです。臨済宗仏通寺派の大本山です。渓流の中に建っています。ひんやりと肌寒いくらいでした。

f:id:tingisuhan:20181115152235j:plain

普段施設にいるので歩く機会が少なく歩くのが大変そうでしたが、いい散歩になりました。少し下ったところのお茶屋さんでお茶とおはぎを頂きました。確か750円くらい。とてもおいしかったです。母親はお茶とおこわを頼んでいました。これもおいしかったです。もう少し下ったところにそば屋さんもあったと思い、ただし休業もあり得るので交通整理の方に聞いてみました。そうすると「今はあそこは営業しとらんよ」と店の中から声が。私の声が大きいので聞こえたのでしょう。

おいしいおそばとうどんの店だったのに、そしてオンシーズンなのにどうして?と不思議に思いました。帰りはちょうど車でそこを通ったのですが、ちゃんと営業していました。えっ?

スポンサーリンク

 

わざとじゃあないかもしれません。とはいえ、せっかくのきれいな紅葉が少し色あせたような、そしておはぎがとてもおいしかっただけに「残念!」という気がしました。

兼好法師徒然草でも習った記憶が。調べたらありました

 神無月のころ*、栗栖野といふ所を過ぎて*、ある山里に尋ね入る事侍りしに、遥かなる苔の細道を踏み分けて、心ぼそく住みなしたる庵あり*。木の葉に埋もるゝ懸樋の雫ならでは*、つゆおとなふものなし*。閼伽棚に菊・紅葉など折り散らしたる*、さすがに、住む人のあればなるべし。

 かくてもあられけるよとあはれに見るほどに*、かなたの庭に、大きなる柑子の木の*、枝もたわゝになりたるが、まはりをきびしく囲ひたりしこそ、少しことさめて、この木なからましかばと覚えしか*

<現代語訳>

10月ごろに、栗栖野という所を通り過ぎて、とある山里に(人を)訪ねて分け入ることがあったのですが、遠くまで続いている苔の細道を踏み分けて(行くと)、わざわざもの寂しい状態にして住んでいる草庵があります。木の葉で覆われて見えなくなっている懸樋のしづく(水がしたたり落ちる音)以外には、まったく音を立てるものがありません。閼伽棚に菊の花や紅葉が折って(辺りに)散らばせているのは、そうはいってもやはり住む人がいるからなのでしょう。
こんな様子でも(住んで)いることができるのだなぁと、しみじみと思っていると、向こうの庭に、大きな柑子(みかん)の木で、枝がしなうほど(実が)なっているのですが、(木の)周りを頑丈に囲ってあったのは、少し興ざめして、この木がなければよかったのにと思いました。

 

  高校で習っときは「まあそうだろうな」くらいの感覚でしたが、この年になって「少しだけ兼好法師に近づいた」気がしました。

そんな一日でした。まだ終わっていないけど。それではみなさんのよい一日を!

お願い 下の看板のところをクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

カニカマの赤は実は人工着色料じゃあなかった!の驚き。

こんにちは、ケンです。 

f:id:tingisuhan:20181112193809p:plain

みなさんカニカマ好きですか?

おいしいですよね。でもずっと私は買うのをためらっていたんですよ。誤解というか無知のせいで。そういう人実は多いかも。その証拠に最近スーパーでカニカマの売り場に商品ないこと多いですからね。

私の購買のネックになっていたのはあの色です。いかにも着色料使ってます。みたいな真っ赤な赤。あれがつい取った商品を棚に返させていたんですね。

ところが、先日の「林先生の初耳学」で意外な事実が。ごらんになった方も多いでしょうね。あの赤はトマトとパプリカの赤だったんです。さらに赤色の成分自体も体にいいとのこと。

身の方は良質なたんぱく質で、塗ってある毒々しい(失礼!ずっとそう思っていたので)赤も実は体にいい、いいことづくめです。アスリートからダイエットの方、シニアから酒飲みまで、みんなにいいそうです。酒飲みは私の追加ですが。

スポンサーリンク

 

一つの情報ですべての見方が変わることもある。

私が気になったのは、たった一つの情報で今までの見方が180度転換したことです。「高野豆腐」もその一つですね。イメージは「古臭さ満載です」煮しめとか出されたら「どんなばあさんが作ったんだ」みたいなイメージありませんでしたか?私だけ?でもこれもすごく体にいいそうですね。奥さんは早速つくって食べさせてくれました。1週間ずっと食べてますね。気にいったようですね。

食べ物とか健康法、医学の分野で多い気がしますね。今までの常識が覆されるというか。ちょっと違和感があるのはお医者さんが出てきて「ピーマンには○○の成分があり・・・」と説明していることですね。まあ科学者としては根拠がないことは言いたくない、というのは理解出ます。しかし逆に言えば、成分がきちんとわからない限り、その食べ物の効用は訴えられないのか?という疑問です。リンゴが体にいいのは昔から言われていたことだし玉ねぎもです。こういうのをまとめて整理してあるといいですね。

他の分野や、人間そのものについても同じことがきっといえるのでしょうね。誤解で判断しているというのが。

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

ネット情報の偏りにどう対応する?複数の情報のすり合わせが大切と思う。

こんにちは、ケンです。

f:id:tingisuhan:20181113152729p:plain

先日ブログのことでわからないことがあり地元のITの相談会に行ったんですよ。それをブログに書いたら「何でネットで調べないのか?」「ネットに何でも載ってますよ?」というコメントをツイッターどかで頂きました。実は、ITの担当者にも同じことを言われましたね。

ネットでの情報も実は得ているんですよ。ただし以前から感じていたことがあるんです。それは

「ネットでは発信者の立ち位置がわからないことが多い」「情報がすべて中立なわけではない」という点です。これに対する対応は必要ありと思うのです。

例えば、家電量販店に行って、スマホの契約先を探すとすると、全く中立なアドバイスるを受けることは至難です。ドコモ、AUソフトバンク・Yモバイルとかのコーナーは確かにありますが、それぞれ獲得競争をしているわけで、どこかのコーナーで中立情報を得ることは無理です。もしライバルを本気で勧める担当者がいれば会社への裏切り行為です。だから各会社のコーナーを順番に回って情報を得るしかありません。

スポンサーリンク

 

ネットの場合もどこかの商品やサービスに誘導されることが多いですね。わからなくて調べているというコトはその分野は不案内なわけで、優劣の判断がつかないわけですね。そこに「偏向」ブロガー・発信者の付け込む余地がありますね。これはネットに限らないけど。だんだんわかってくると「ははーん、ここに誘導しようとしているな」ということに気づくでしょうがね。

複数の情報源からの一致が安心と思う。

①ネット②本③人間の3つから情報を得るようにしています。今回も最後の人間のところで「相談員」の力を借りたわけです。そして、どこでも語られることは「真実」である可能性が高いです。ネットの場合は違う立場からの意見が望ましいですね。今回のブログの件では前回記事にした内容が「①∩②∩③」だったわけです。

スポンサーリンク

 

投資では反対の立場の人の意見を聞くことがミスを減らすために重要だ!

ブログでは1万円前後の「テーマ」の購入なので「しまった」と思っても被害額は限定的です。しかし、投資となるとその人の人生を左右しかねません。例えば「高配当投資」ならその反対意見も聞いておくことが想定外の出来事への備えになります。ところがなかなか反対者の意見は聞きたくないバイアスが働きます。ここがなかなかのネックですね。

追記 この記事は「ケンの米国株ブログ」に今日掲載した内容を本ブログ用に修正したものです。

お願い 下の看板のところをクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村