ケンのリタイア生活@地方

年金月10万の地方住みシニアがリタイア生活を工夫で楽しく暮らします。

バンコクのカラオケ店で年金の種類を聞かれたこと。

こんにちはケンです。

リーマンショックのあとですからもう10年近く前のことです。タイに旅行に行って日本人の方にカラオケ店(キャバクラのようなもの)に連れて行ってもらったときの話です。

かなり大きな店でタイ人のホステスさんが30人ほどもいたでしょうか。日本人は「金持ち」というくくりに入っていてモテると聞いてました。さらに向こうでは、シニアでもモテるというんですね。

席につくと30くらい?のおねーさんがついてくれました。(美人かどうかは判別がむずかしいですね、いろんなタイプがあるみたいだから)。

いろいろ話をしているうちに、プライベートの質問が増えてきて、「ネンキン?」と聞かれました。「えっ、なんのことだろう?」と不思議に思っていると。

スポンサーリンク

 

「アナタ、ネンキン、ナニ?」と再び。わけもわからず「はい」とか答えていると、「チガウ」「キョウサイネンキン?」との質問。「ははーん、年金の種類を聞いていたのか。と納得。だまっていると次に「チガウ?、じゃあ、コウセイ?」と質問。首をふると、がっかりした表情で「まさか、コクミン?」と聞かれました。首をたてにふると、「オーノー、コクミン、ダメネ」とのお声。しばらくしてどこかへ行ってしまいました。見限られたようです。

あとで居酒屋で飲みました。5人ほどでそのうち3人が同郷の人。だから言葉がちょっとなまってますが。中の2人はタイ人の奥さんです。カラオケ店での出来事を話しました。そうするとタイ人の奥さん持ちが

「あー、やつらねろーとるからな。日本人はみんな金持っとるおもーとる」「ケンさんもきーつけや」とのお言葉。

「いや、自分奥さんいますし」というと

「独身やと思われたんやろ」「こっちでは、独身やと、年寄でももてるんや」「何しろ年金持っとるからな」それで「ネンキンを聞かれたんよ」との話。

「でも年金ぐらいで、若いおねーさんが狙うほどの価値ありますかね?」と私。

「そりゃあ、例えば30万とかだとこっちじゃあ大金持ちだよ」「20万でもまあまあかな」「ところでケンさん、年金あるんじゃろ?」

「ぼく、少ないですよ、月に10万」

スポンサーリンク

 

「それじゃあ狙わんやろね」「まあ、とにかく初めに確かめるわけよ」「どうせなら金持ちの方がええからな」

「でも、年寄とか相手にするんですね?若い女性なのに」とボク。

「人によるけど気にせんのも多いよ。金目的とも限らんけど、こっちの男は働かずにたかるのも多いから、どうせなら金持っとる日本人の方がいいということかな」

何となく納得。さらに、夫さんがなくなると奥さんは半分年金もらえて、タイの物価ではそれで充分とのこと。(筆者注:現在では物価も上がっているのでわからない)

「そういう意味じゃあうんと年寄の方が都合がええともいえるわな」「ウチのやつもはよういってくれ思うとるやろな」「全部自分のもんになってええことづくめや」と向こうにいる奥さんをちらっと見ながら言ってました。まあ冗談でしょうけど。

日本の年金格差は大きいですがバンコクの飲み屋でもその違いはちゃんと知られているようです。年金についてはまた書きます。それではみなさんの充実の一日を!

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

どんな所にもきっと素晴らしい場所はある。

こんにちはケンです。この前の日曜にまた近くの山に行ってきたんですよ。

f:id:tingisuhan:20181116220929j:plain

道後山1260mくらい。車で片道2時間半ほど。遠いと言えば遠い距離。2時間半ほどの歩き。コースは写真のように歩きやすい道です。

f:id:tingisuhan:20181116221537j:plain

頂上からみた猫山。正面の山です。下から見ると確かに猫の頭に見えるのですがね。

途中には大きなブナの木も。

f:id:tingisuhan:20181116221757j:plain

葉は落ちて紅葉は終わっていますね。

スポンサーリンク

 

高い山のない中国地方でも、四季折々にとてもきれいです。日本アルプス程じゃあないけど。日曜日ということで、駐車場には20台ほどの車が。さらに頂上でも10人ほどの人が食事中。おりたところにある温泉でリラックス。600円。名物の「とち餅」540円を買いました。昔は縁起がいい名前だったんでしょうね。今でもだけど。ただし都会では。

若いときには「上には上がある」みたいな感じで、よりレベルのものを求めますよね。でもシニアになると、身近なもので素晴らしいものに気づくようになると感じています。だから、とりあえず近場の山からまわっています。

人でも、近しい人の新しい魅力に気づくようになった。

不思議ですね。リタイアして時間に余裕ができたからかも知れませんね。

ということで、とりあえず近いところの魅力を徹底的に「味わい尽くそう!」と決心しています。それではみなさんの充実の毎日を!

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

年に一度の紅葉狩りに母親と行ってきました。

こんにちは、ケンです。

f:id:tingisuhan:20181115151943j:plain

86歳になる母親が紅葉を見に行きたいというので、車で1時間ほどのところにある「仏通寺」に行きました。見ごろで人が多かったです。臨済宗仏通寺派の大本山です。渓流の中に建っています。ひんやりと肌寒いくらいでした。

f:id:tingisuhan:20181115152235j:plain

普段施設にいるので歩く機会が少なく歩くのが大変そうでしたが、いい散歩になりました。少し下ったところのお茶屋さんでお茶とおはぎを頂きました。確か750円くらい。とてもおいしかったです。母親はお茶とおこわを頼んでいました。これもおいしかったです。もう少し下ったところにそば屋さんもあったと思い、ただし休業もあり得るので交通整理の方に聞いてみました。そうすると「今はあそこは営業しとらんよ」と店の中から声が。私の声が大きいので聞こえたのでしょう。

おいしいおそばとうどんの店だったのに、そしてオンシーズンなのにどうして?と不思議に思いました。帰りはちょうど車でそこを通ったのですが、ちゃんと営業していました。えっ?

スポンサーリンク

 

わざとじゃあないかもしれません。とはいえ、せっかくのきれいな紅葉が少し色あせたような、そしておはぎがとてもおいしかっただけに「残念!」という気がしました。

兼好法師徒然草でも習った記憶が。調べたらありました

 神無月のころ*、栗栖野といふ所を過ぎて*、ある山里に尋ね入る事侍りしに、遥かなる苔の細道を踏み分けて、心ぼそく住みなしたる庵あり*。木の葉に埋もるゝ懸樋の雫ならでは*、つゆおとなふものなし*。閼伽棚に菊・紅葉など折り散らしたる*、さすがに、住む人のあればなるべし。

 かくてもあられけるよとあはれに見るほどに*、かなたの庭に、大きなる柑子の木の*、枝もたわゝになりたるが、まはりをきびしく囲ひたりしこそ、少しことさめて、この木なからましかばと覚えしか*

<現代語訳>

10月ごろに、栗栖野という所を通り過ぎて、とある山里に(人を)訪ねて分け入ることがあったのですが、遠くまで続いている苔の細道を踏み分けて(行くと)、わざわざもの寂しい状態にして住んでいる草庵があります。木の葉で覆われて見えなくなっている懸樋のしづく(水がしたたり落ちる音)以外には、まったく音を立てるものがありません。閼伽棚に菊の花や紅葉が折って(辺りに)散らばせているのは、そうはいってもやはり住む人がいるからなのでしょう。
こんな様子でも(住んで)いることができるのだなぁと、しみじみと思っていると、向こうの庭に、大きな柑子(みかん)の木で、枝がしなうほど(実が)なっているのですが、(木の)周りを頑丈に囲ってあったのは、少し興ざめして、この木がなければよかったのにと思いました。

 

  高校で習っときは「まあそうだろうな」くらいの感覚でしたが、この年になって「少しだけ兼好法師に近づいた」気がしました。

そんな一日でした。まだ終わっていないけど。それではみなさんのよい一日を!

お願い 下の看板のところをクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

 

 

 

 

カニカマの赤は実は人工着色料じゃあなかった!の驚き。

こんにちは、ケンです。 

f:id:tingisuhan:20181112193809p:plain

みなさんカニカマ好きですか?

おいしいですよね。でもずっと私は買うのをためらっていたんですよ。誤解というか無知のせいで。そういう人実は多いかも。その証拠に最近スーパーでカニカマの売り場に商品ないこと多いですからね。

私の購買のネックになっていたのはあの色です。いかにも着色料使ってます。みたいな真っ赤な赤。あれがつい取った商品を棚に返させていたんですね。

ところが、先日の「林先生の初耳学」で意外な事実が。ごらんになった方も多いでしょうね。あの赤はトマトとパプリカの赤だったんです。さらに赤色の成分自体も体にいいとのこと。

身の方は良質なたんぱく質で、塗ってある毒々しい(失礼!ずっとそう思っていたので)赤も実は体にいい、いいことづくめです。アスリートからダイエットの方、シニアから酒飲みまで、みんなにいいそうです。酒飲みは私の追加ですが。

スポンサーリンク

 

一つの情報ですべての見方が変わることもある。

私が気になったのは、たった一つの情報で今までの見方が180度転換したことです。「高野豆腐」もその一つですね。イメージは「古臭さ満載です」煮しめとか出されたら「どんなばあさんが作ったんだ」みたいなイメージありませんでしたか?私だけ?でもこれもすごく体にいいそうですね。奥さんは早速つくって食べさせてくれました。1週間ずっと食べてますね。気にいったようですね。

食べ物とか健康法、医学の分野で多い気がしますね。今までの常識が覆されるというか。ちょっと違和感があるのはお医者さんが出てきて「ピーマンには○○の成分があり・・・」と説明していることですね。まあ科学者としては根拠がないことは言いたくない、というのは理解出ます。しかし逆に言えば、成分がきちんとわからない限り、その食べ物の効用は訴えられないのか?という疑問です。リンゴが体にいいのは昔から言われていたことだし玉ねぎもです。こういうのをまとめて整理してあるといいですね。

他の分野や、人間そのものについても同じことがきっといえるのでしょうね。誤解で判断しているというのが。

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

ネット情報の偏りにどう対応する?複数の情報のすり合わせが大切と思う。

こんにちは、ケンです。

f:id:tingisuhan:20181113152729p:plain

先日ブログのことでわからないことがあり地元のITの相談会に行ったんですよ。それをブログに書いたら「何でネットで調べないのか?」「ネットに何でも載ってますよ?」というコメントをツイッターどかで頂きました。実は、ITの担当者にも同じことを言われましたね。

ネットでの情報も実は得ているんですよ。ただし以前から感じていたことがあるんです。それは

「ネットでは発信者の立ち位置がわからないことが多い」「情報がすべて中立なわけではない」という点です。これに対する対応は必要ありと思うのです。

例えば、家電量販店に行って、スマホの契約先を探すとすると、全く中立なアドバイスるを受けることは至難です。ドコモ、AUソフトバンク・Yモバイルとかのコーナーは確かにありますが、それぞれ獲得競争をしているわけで、どこかのコーナーで中立情報を得ることは無理です。もしライバルを本気で勧める担当者がいれば会社への裏切り行為です。だから各会社のコーナーを順番に回って情報を得るしかありません。

スポンサーリンク

 

ネットの場合もどこかの商品やサービスに誘導されることが多いですね。わからなくて調べているというコトはその分野は不案内なわけで、優劣の判断がつかないわけですね。そこに「偏向」ブロガー・発信者の付け込む余地がありますね。これはネットに限らないけど。だんだんわかってくると「ははーん、ここに誘導しようとしているな」ということに気づくでしょうがね。

複数の情報源からの一致が安心と思う。

①ネット②本③人間の3つから情報を得るようにしています。今回も最後の人間のところで「相談員」の力を借りたわけです。そして、どこでも語られることは「真実」である可能性が高いです。ネットの場合は違う立場からの意見が望ましいですね。今回のブログの件では前回記事にした内容が「①∩②∩③」だったわけです。

スポンサーリンク

 

投資では反対の立場の人の意見を聞くことがミスを減らすために重要だ!

ブログでは1万円前後の「テーマ」の購入なので「しまった」と思っても被害額は限定的です。しかし、投資となるとその人の人生を左右しかねません。例えば「高配当投資」ならその反対意見も聞いておくことが想定外の出来事への備えになります。ところがなかなか反対者の意見は聞きたくないバイアスが働きます。ここがなかなかのネックですね。

追記 この記事は「ケンの米国株ブログ」に今日掲載した内容を本ブログ用に修正したものです。

お願い 下の看板のところをクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

図書館がシニアのたまり場になっていて迷惑をかけているという話。

こんにちは、ケンです。

先日のテレビで「図書館問題」をやっていました。内容は

各地の図書館が居場所のないシニアによってあふれていて図書館側が困っている。図書館内を徘徊する。寝る。話をする。尿を漏らす。・・・などのトラブルがあり他の利用者から苦情が来ている。 司書は本についてのトレーニングは受けているがシニアの扱いについては未知の分野なので困っている。

 みたいな感じです。これを見ると一方的にシニアが悪そうです。図書館は寝るところじゃあないですからね。私もシニアですから考えさせられますね。

スポンサーリンク

 

シニアの問題点というと、病気とか介護とかもっと深刻な場合だけだと思われがちです。しかし一見健康な者にも問題は多いですね。それは「居場所の確保」です。地域差も大きいでしょう。行政としては深刻なことから手を付けるから、「居場所」「生きがい」などは後回しになりやい。まあそれは当然のことではあるんですが。

図書館以外にもショッピングモールなども「たまり場」になりやすいですね。そういう人が増えているからか、だんだん椅子とか撤去されてますね。売上にはつながらないので当然ですね。かくいう私も、フードコートでよくブログとか書きますね。電源もあるところがあるし便利ですからね。

ある程度の都市の方が「過ごす場所」は多いと思う。

あんまり田舎だと人口も少ないので場所がないですね。そうかといって特定の人たちで集まる「濃厚な付き合い」は負担も大きいです。だから、図書館くらいはある都市の方が「タダで過ごせる」場所は多いと言えます。

スポンサーリンク

 

お金があると範囲は広がる。

 私が行っているフィットネスクラブとかは月々の会費がかかります。8000円ほどです。これだけで毎日好きな時に行けるので「居場所」としては有力です。おまけに運動もできるし、というかこちらが本来の目的だけど。シャワーもあって家のお風呂も入りませんからガス代が助かります。私は行ってないけど「おけいこごと」も有力ですね。そんな意味では「お金の威力は絶大」と言えますね。

お金に比例するわけではない。

ただし、お金の高に比例するわけではないですね。それよりも地域性とか都市の規模とかの要素の方が大きそうです。いくらお金があっても車で何時間もかかるようでは不便すぎますね。だからリタイア後のすみかは「暇がいかにつぶせるか」「居場所があるか」という要素も大きいと思いますね。地方都市とか、大都市の郊外とかが条件に合っているようには思いますが。

これからリタイアをむかえる方はこの点も含めてリタイア生活を設計されてはどうでしょうか。

最後に 一番の居場所はやはり「家庭」です。パートナーとか家族との関係を良好にしておくのは最優先だと思いますね。「なーに、何事もゆずればいいんですよ、ゆずればね」

お願い 下の看板のところをクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

インデックスは上級者にもプロにも人気が高いこと!

こんにちはケンです。

前回が途中で終わっていましたので投資ブログからの転載の続きです。前回の質問は「あなたはリタイアして3600万を持っている人へのどんな投資提案をしますか?」でした。

私の予想は

投資先は「全世界」または「米国」、投資方法は「インデックス」。と思うのですがいかかでしょうか?そして投資額については半分の1800万あたりを上限にするのではないでしょうか。前回の記事で、投資家は投資へのリテラシーが高まることにより「今までの投資法に不満を持つ」と書きました。しかし例外がありました。

インデックス投資は上級者にも愛されている。

むしろ初心者の方がインデックスには不満を持つかもしれません。「もっと良さそうなのがありそう」と思うからです。経験を重ねるとそんなに「簡単にはいかない」「それなりにリスクがある」ことに気づきます。そして、インデックスに帰ってきます。

スポンサーリンク

 

知識が増えても「インデックスの有利性」をくつがえすことはできない。

他の投資法、例えばグロース投資がインデックスより優れていると主張することはできます。そして例は「自分だ」といえば説得力があります。しかし、それはその本人の資質、能力、行動力が優秀だということは言えても、万人に通用するわけではないです。だから「グロース投資」の有利性を説くわけではないです。また、デフェンシブ銘柄中心の「高配当株投資」も同じことが言えます。

もっとも後悔しない投資法と言える。

「インデックスは不利」という納得できる説を私は知りません。だからいくら学習や経験が増えても「インデックス投資」を後悔することはないですね。かのバフェットだって奨めているしシーゲル教授だって奨めています。プロも多用していますね。

以上です。投資ブログなので初めての方にはわかりにくい点もあったでしょう。お詫びします。ということで 筆者注です。

(1)投資先が「全世界」または「米国」となっていることについて。

全世界に投資する投資信託も出ています。手数料の安さで言えば「eMaxisSlimシリーズの全世界」次に楽天の「楽天バンガード全世界」です。時価総額で世界のなかで日本の占める割合は7%ほどです。

米国は54%を占めるので、一国で投資するなら米国としたのです。他の国の株価もおおむね米国に連動します。新興国や日本の株価の変動は米国よりも大きいのが特徴です。この10月の下落も東京市場がNY市場よりも下げ幅が大きくなっています。よりおだやかな変化を求めるなら米国の方が若干緩やかと言えます。

投資ブログの転記で失礼しました。多少加筆しました。

お願い 下の看板をクリックしてランキングに戻っていただければありがたいです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村